モッピーラボ

モッピーが世の中の疑問を調査するコーナー

モッピーラボ

20代・30代の恋愛事情に関する調査

2011年10月12日

[タグ]タグ: , , , ,

  • ◆寂しがり屋の男性×冷めた女性=恋人がいない率70%?!
  • ◆就職氷河期につづき・・・恋愛氷河期到来!

調査概要

・調査手法
: モバイルリサーチ
・調査地域
: 全国
・調査対象
: 20?39歳の未婚男女(モッピーモニター)
・調査期間
: 2011/10/4?10/5
・有効回答数
: 1,178サンプル

調査結果概要

寂しがり屋の男性×冷めた女性=恋人がいない率70%?!

20?30代の未婚男女に対して「恋人の有無」についてモバイルリサーチで聞いたところ、全体の67.6%が「いない」と回答し、そのうち33.3%は「これまでに恋人がいたことはない」、半数以上が「5年以上いない」状況であることが判明した。
また、恋人が「いない」と回答した人に対して「現在恋人が欲しいか」について聞いたところ、全体の42.8%が「欲しい」と回答し、性別で比較すると男性では49.8%、女性では36.5%と大きな差があることがわかった。 「恋人が欲しい理由」についても、女性よりも男性のほうが「寂しいから」「デートがしたいから」の割合が高く男性が寂しさを感じて恋人・恋愛を求めていることがわかった。逆に女性の60%以上が恋人について「どちらでもいい」「欲しくない」と回答し、恋愛に冷めた姿勢であることがわかった。

上記のように「寂しさを感じて恋愛を求める男性」と「恋愛に対して冷めた女性」が多く存在することによって「未婚男女の約70%に恋人がいない」という結果を招いているのかもしれない。

【性別】恋人の有無 恋人のいない歴 【性別】恋人が欲しいか 【性別】恋人が欲しい理由

就職氷河期につづき・・・恋愛氷河期到来!

20?30代の未婚男女に対して「恋愛に対して積極的かどうか」についてモバイルリサーチで聞いたところ、全体の28.9%が「とても消極的」、45.2%が「どちらかというと消極的」と回答し、合わせて70%以上が「消極的」と自己評価していることがわかった。
また、自分自身を「消極的」と回答した人に対して「積極的になれない理由」について聞いたところ1位「自分に自身がないから」(56.8%)、2位「恋愛が面倒だから」(30.0%)、3位「どのように恋愛すればいいかわからないから」(29.4%)というとなった。これは、就職氷河期を経験した20?30代が自分に自信を持てなくなり、結果として恋愛面でも自信が持てず消極的になってしまったとも考えられる。また、女性が男性と同等に働く時代になったことや、インターネットなどの娯楽が爆発的に増加したことにより日常生活において恋愛の価値や優先順位が下がった結果なのかもしれない。

上記のいずれの結果を見ても、20?30代という自己責任で自由に恋愛を楽しめる「恋愛適齢期」の男女において「恋愛」という文化の存在感や価値が薄れつつあることがうかがえる。経済状況や性別による恋愛感の差など理由は様々だが、恋愛をしづらい「恋愛氷河期」が到来していることは間違いなさそうだ。

恋愛に対して積極的かどうか 恋愛に積極的になれない理由


調査項目

1.職業(SA)
2.恋人の有無(SA)
3.恋人との交際期間(SA)
4.恋人のいない歴(SA)
5.恋人が欲しいかどうか(SA)
6.恋人が欲しい理由(MA)
7.恋活・婚活の有無(SA)
8.恋活・婚活の方法(MA)
9.恋愛に対して積極的かどうか(SA)
10.恋愛に積極的になれない理由(MA)

トラックバック

このリサーチに対するトラックバックURL