モッピーラボ

モッピーが世の中の疑問を調査するコーナー

モッピーラボ

子どもの頃の夢と職業比較調査

2012年07月20日

  • ◆芸能人に憧れる20代、パイロットに憧れる50代。時代背景によって差が!
  • ◆夢と現実のギャップ!現在の職業トップ「サラリーマン・OL」(20.6%)

調査概要

・調査手法
: モバイルリサーチ
・調査地域
: 全国
・調査対象
: 男女20?59歳(モッピーモニター)
・調査期間
: 2012/6/27?6/28
・有効回答数
: 1,004サンプル
: (男性:50%、女性50%)

調査結果概要

芸能人に憧れる20代、パイロットに憧れる50代。時代背景によって差が!


全国の20-59歳の男女・就業者1,004人に対して「子どもの頃の夢と職業比較」についてモバイルリサーチを実施した。 理想と現実の差を認識していなかった今は遠き小学生の頃、、、思い描いていた夢の職業に実際に就けた人はどれほどいるかを就業している男女20?59歳に調査した。
まず「小学生の頃になりたかった職業」について聞いたところ、全体で一番多かったのは「プロスポーツ選手」(17.3%)、次に「芸能人」(16.6%)であった。両者の共通点と言えば、多くの目に触れる・華やか・高収入、、、など多くがあげられる。子どもの頃に「将来注目されたい願望」のあった人が多いということが分かった。 両者が若年層を中心に人気の理由には、「会えるアイドル」、「SNSで著名人・芸能人と繋がることができる」、「子役ブーム」など、メディアの多様化があげられる。時代とともに一般人にとってスポーツ選手や芸能人・タレントがどんどん身近になっているのかもしれない?! 対照的に50代が子供の頃の将来の夢として多くあげたのが「学者・科学者」(50代:10.4%、40代:4.8%、30%:5.1%、20%:5.2%)、「パイロット」(50代:7.6%、40代:4.8%、30代:5.1%、20代:4.8%)であり、時代背景によって憧れの対象に差が出た結果となった。
上記には就職するには高倍率な職種が並んだが、現実的な「サラリーマン・OL」になりたかったと答えた人は全体でたったの4.2%であり、年代別にはそれぞれ20代:6.0%、30代:4.3%、40代:3.2%、50代:3.2%という結果になった。他と比べれば不人気具合は一目瞭然である。確かに華やかなイメージは他と比べて少ない気もする・・・。 夢としてあげるには地味な気もするが、小学生の段階でサラリーマン・OLを将来の夢として掲げているということから、現実的な考えをもって小学生時代を過ごした人も少数ながらいたということが分かった。
【図1】小学生の頃に将来なりたかった職業(年代別)




夢と現実のギャップ!現在の職業トップ「サラリーマン・OL」(20.6%)


全国の20-59歳の男女・就業者1,004人に対して「子どもの頃の夢と職業比較」についてモバイルリサーチを実施した。 「小学生の頃、夢だった職業に就くことができたか」という質問に対し、「就くことができず諦めた」(76.1%)という残念な意見が全体の大半を占めた。それに対し、「就くことができ、今も就いている」(10.1%)、「就くことはできたが辞めてしまった」(6.6%)と、わずかではあるが計16.7%の人が夢だった職業に1度は就いた経験があるということが分かった。 同質問を年代別に比較すると、「就けていないが現在も目指している」と答えたのは20代:15.0%、30代:5.5%、40代:5.8%、50代:2.2%という結果となり、20代は現在も夢を追っている人が別年代に比べて遥かに多い事が分かった。若者よ、大志を抱け!!!
小学生の頃によくあげられる”将来の夢”をピックアップしそれぞれを分析してきたが、実際就業している職業について「小学生の頃に将来なりたかった職業」と照らし合わせて聞くと、それらのどれにも当てはまらない「その他(非正規雇用を含む)」に票が集中した(全体50.2%)。 働くという概念がなかったからこそ描けた小学生の頃の夢と、現実の間には大きなギャップがあるということが「その他(非正規雇用を含む)」に集約されている気さえする。ここに該当する職業の内訳は定かではないが、とにかく「小学生の頃に想像もしなかった職業」が集結していることは確かだ。子どもの知らない世界なのである!
皮肉にも夢の中で不人気としてあげた「サラリーマン・OL」が実際就業している職種でのトップとなった(全体20.6%)。ただ、「子どもの頃になりたかった将来の職業」としての人気は低かったが、就職活動するうえで「サラリーマン・OL」を希望する人は少なくないはずだ。就業した過程・理由は人それぞれであるが、現実との兼ね合いを加味して職業選びをする際に「サラリーマン・OL」が最も人気と言えるかもしれない?! 子どもの頃の将来の夢と現在の職種が一致しなくとも、就職難とされているこのご時世に就職できたことだけでも幸せなことだろう。
夢から覚め現実と向き合う人もいれば、今もなお夢を追っている人もいることが分かったが、幸せのかたちは人それぞれである。不穏な世の中だからこそ、将来を担う子どもたちにはのびのびと夢を描いてほしい!


【図2】夢の職業に就くことができたか(年代別)


【図3】現在の職業(性別)


調査項目

1.性別を選択してください
2.年代を選択してください
3.小学生の頃に将来なりたかった職業を選択してください
4.Q3で選択した職業に就くことはできましたか
5.現在の職業を選択してください
6.現在のお仕事の業種は何ですか
7.現在の職業にやりがいを感じていますか
8.現在の職業を辞めたいと思ったことがありますか
9.転職の経験について教えてください
10.今の仕事を選んだ理由を教えてください

トラックバック

このリサーチに対するトラックバックURL