モッピーラボ

モッピーが世の中の疑問を調査するコーナー

モッピーラボ

ライフスタイルに関する調査2010(2)

2010年08月10日

  • ◆積極的にお金をかけたいもの、全世代で「交際費」がトップ
  • ◆今後の生活の力点、10代は「ファッション」、20?40代は「所得・収入」、50代は「レジャー」
  • ◆商品購入の際、10?20代は「見た目」「ブランド」を重視し、40?50代は「使いやすさ」を重視する

調査概要

・調査手法
: モバイルリサーチ
・調査地域
: 全国
・調査対象
: 15?59歳の男女(モッピーモニター)
・調査期間
: 2010/4/30
・有効回答数
: 1231サンプル(年代内訳:10代 17.5%、20代 21.0%、30代 19.2%、40代 19.5%、50代 22.8%)

調査結果概要

積極的にお金をかけたいもの、全世代で「交際費」がトップ

「積極的にお金をかけたいもの」について聞いたところ、全世代で「家族や友人知人との外出・外食」いわゆる「交際費」が最多となった。
年代で比較すると、10代は「趣味のサークル、クラブへの参加」21.8%や「スポーツ」16.7%などお金がかからないものが多い結果となった。

積極的にお金をかけたいもの

今後の生活の力点、10代は「ファッション」、20?40代は「所得・収入」、50代は「レジャー」

「今後の生活でどのような面に力を入れたいか」について聞いたところ、年代で大きな差があった。
10代は「衣生活」が最多の31.9%、20?40代は「所得・収入」が半数以上、50代は「レジャー」が最多の47.7%という結果となった。
流行に敏感な10代では「ファッション」、働き盛りの20?40代は将来不安からか「所得・収入」、 子育てや仕事が落ち着く50代は「レジャー」に力を入れたいと考えているようだ。


今後の生活の力点

商品購入の際、10?20代は「見た目」「ブランド」を重視し、40?50代は「使いやすさ」を重視する

「モノの購入に関する考え方」について聞いたところ、10?20代は半数以上が「買い物をするのが好きだ・楽しい」と回答し、 「好きなブランドにこだわる」は約15%で50代の5.7%と10ポイント以上の差があった。
一方、40?50代は半数近くが「よく考えてからモノを買うようにしている」と回答し、 「見た目よりも使いやすさを重視することが多い」については50代が43.8%で10?20代の21.7%と20ポイント以上の差が見られた。

モノの購入に関する考え方


全調査項目

・同居家族
・住居形態
・就労状況
・個人年収
・1ヶ月のお小遣い
・自由時間の過ごし方
・関心のある情報
・今後の生活の力点
・モノの購入に関する考え方
・積極的にお金をかけたいもの
・お金に関する意識と行動
・情報機器の所有状況
・新聞閲覧頻度
・新聞閲覧時間
・テレビ視聴頻度
・テレビ視聴時間
・ラジオ聴取頻度
・ラジオ聴取時間
・雑誌閲覧頻度
・雑誌閲覧時間
・インターネット利用頻度
・インターネット利用時間
・生活の程度に関する意識
・生活の充実感
・悩みや不安の有無
・悩みや不安の内容
・パーソナリティ

トラックバック

このリサーチに対するトラックバックURL