【最新版】インフルエンサーマーケティング会社20選|選び方から料金相場まで解説

  • 2023年1月22日
  • SNS
SNS influencermarketing20

この記事を読んでいるあなたは、

  • インフルエンサーマーケティング会社に依頼したい
  • インフルエンサーマーケティング会社の選び方を知りたい
  • インフルエンサーマーケティングの効果やサービス内容、費用感について知りたい

上記のように考えている方も多いと思います。

この記事では、おすすめのインフルエンサーマーケティング会社や選び方、料金相場などについて紹介します。

目次

インフルエンサーマーケティング会社とは

インフルエンサーマーケティング会社とは

インフルエンサーマーケティング会社とは、企業からの依頼をインフルエンサーを活用したマーケティングによって対応する企業です。

具体的には、コスメ系の企業から商品のPRをお願いされた場合、TikTokのフォロワー数が多いインフルエンサーをキャスティングし、PR投稿によって認知拡大やコンバージョンに繋げるような業務を担います。

そのため、インフルエンサーマーケティング会社には影響力のあるインフルエンサーが数多く所属しています。

インフルエンサーは、SNSで若年層を中心とした多くのファンがいるため、10代から20代に対して自社商品をアピールしたい企業は、インフルエンサーマーケティング会社と相性が良いといえるでしょう。

インフルエンサーマーケティング会社の種類

インフルエンサーマーケティング会社 種類

インフルエンサーマーケティング会社は、主に以下の2種類があります。

  1. ディレクション型
  2. プラットフォーム型

それぞれ解説していきます。

1.ディレクション型

ディレクション型は、インフルエンサーマーケティング業務を企業に完全に委託する形態です。

インフルエンサーのキャスティングから、目標に対する戦略策定まで一緒におこなってくれます。

プラットフォーム型よりもややコミュニケーションコストがかかりますが、コンサルタントが常に対応してくれます。

そのため、初めてインフルエンサーマーケティングをおこなう企業にはおすすめです。

2.プラットフォーム型

プラットフォーム型は、インフルエンサーの情報が掲載されているプラットフォームを依頼企業が確認し、登録されているインフルエンサーを自ら選ぶ形の事業形態です。

複数のインフルエンサーの中から、自社が自由に選択できるのが特徴です。

ただし、インフルエンサーマーケティング会社がコンサルティングをするわけではありません。

そのため、依頼企業にはインフルエンサーを選ぶための一定のノウハウが必要になります。

インフルエンサーマーケティングが初めておこなう場合は、企業側が相談に乗ってくれるディレクション型の利用がおすすめです。

インフルエンサーマーケティングの3つのメリット

インフルエンサーマーケッティング メリット

インフルエンサーマーケティングには、以下の3つのメリットがあります。

  1. 自社サービスの顧客に訴求しやすい
  2. ファンの増加や情報の拡散が期待できる
  3. 広告よりも自然に自社サービスをPRできる

メリットを確認したうえで、依頼するべきどうかインハウスでおこなうメリットと比較して検討しましょう。

1.自社サービスの顧客に訴求しやすい

インフルエンサーの活用により、自社サービスの顧客への訴求が可能です。

例えば、若者向けのアパレルブランドを展開している企業が、20代のアパレルに精通しているインフルエンサーを起用すれば、見込み顧客に対してアプローチができます。

ここで重要なのは、インフルエンサーのフォロワーと、自社サービスの見込み顧客が同じ属性かどうかです。

フォロワーと見込み顧客がマッチしてれば、自社サービスの認知拡大やコンバージョンに繋がりやすくなるでしょう。

2.ファンの増加や情報の拡散が期待できる

フォロワーの多いインフルエンサーを起用すれば、自社のファンの増加やサービス情報の拡散が期待できます。

インフルエンサーは、TikTokやInstagramで数万人のフォロワーを抱えています。

インフルエンサーにSNS上で自社サービスのPR投稿をおこなってもらえば、数万人のユーザーへのリーチが可能です。

そのため、インフルエンサー経由で自社サービスの周知に繋がり、ファンの獲得が望めます。

ただし、インフルエンサーと自社サービスの相性が悪ければ効果は薄いため、インフルエンサーの選定は慎重におこないましょう。

3.広告よりも自然に自社サービスをPRできる

インフルエンサーマーケティングは、広告よりもユーザーに自然に受け止めてもらいやすいのが特徴です。

広告の場合、表現の方法を間違えると、テキストや広告のクリエイティブから宣伝感が漂ってしまいます。

対してインフルエンサーマーケティングは、インフルエンサーの投稿に自社サービスを忍ばせて自然体で紹介します。

そのため、広告よりも敬遠されにくい自然なPRが可能です。

もし広告で結果が出ていない企業は、インフルエンサーマーケティングをPRの候補として検討してみるのが良いでしょう。

インフルエンサーマーケティングの3つのデメリット

インフルエンサーマーケティング デメリット

インフルエンサーマーケティングをおこなう際は、以下の3つのポイントに注意しましょう。

  1. PRの見せ方次第でステマだと勘違いされる
  2. 炎上によりブランドイメージが損なわれる可能性がある
  3. 自社と相性の良いインフルエンサーのキャスティングが重要

インフルエンサーマーケティングのやり方を間違えると、自社サービスやブランドに傷がついてしまう可能性があるため注意が必要です。

それぞれ解説していきます。

1.PRの見せ方次第でステマだと勘違いされる

インフルエンサーマーケティングによるPRの方法を間違えると、ステルスマーケティングだと勘違いされるリスクがあります。

ステマだと勘違いされる原因として、過剰なアピールや、インフルエンサー独自のアピールだと思われてしまう表現があります

SNSユーザーにステマだと勘違いされると、企業の社会的信用の損失や営業への影響が考えられるでしょう。

そのため、インフルエンサーマーケティングによるPR投稿をする際は「(企業名)さんから商品をいただきました」といったように、企業から依頼された内容であることをユーザーに伝えましょう。

プラットフォーム型のインフルエンサーマーケティング会社を利用する企業は、このステマへの対策が必須です。

2.炎上によりブランドイメージが損なわれる可能性がある

インフルエンサーマーケティングでSNSユーザーとコミュニケーションを取る際に、間違った対応をしてしまうと炎上の原因になるため注意が必要です。

例えば、インフルエンサーを活用して情報収集のためにユーザーへアンケートをおこなう場合、悪質なユーザーがアンチコメントを送ってきたとします。

冷静な対応が必要ですが、インフルエンサーマーケティングのPR活動中にユーザーとのトラブルが起きてしまうと、炎上からブランドイメージが損なわれる可能性があります。

インフルエンサーマーケティングの施策におけるユーザーとのコミュニケーションは、より炎上が起こらないように気を配りましょう。

3.自社と相性の良いインフルエンサーのキャスティングが重要

インフルエンサーマーケティングで成果を出すには、自社と相性の良いインフルエンサーの起用が重要です。

コスメブランドの商品PRに男性のキャストを起用しても、効果は期待できません。

また、主にインフルエンサーのフォロワーに対してサービスをアピールするため、フォロワーの数や性別の割合、年齢層などの確認が必要です。

自社が提供するサービスとインフルエンサーの属性やフォロワー層を比較し、目標達成に繋がるのか慎重に検討しましょう。

インフルエンサーマーケティングの費用

インフルエンサーマーケティング会社 費用

インフルエンサーマーケティングには、主に以下の費用が発生します。

  • インフルエンサーへの報酬
  • PRしてもらう商品の費用
  • 【撮影が必要な場合】交通費や宿泊費

一般的にはフォロワー数×単価で依頼費用が決まるケースが多く、相場単価は2円〜4円となっています。

例えば、インフルエンサーのフォロワー数が10万人で単価が3円と想定される場合、費用は約30万円で見込めます。

インフルエンサーマーケティング会社に依頼する場合は、インフルエンサーへの報酬ではなく、企業側への支払いが必要です。

企業によって大きく費用が異なるため、複数の企業から見積もりを取り、どのくらい費用対効果が見込めるか検討したうえで選定するのが良いでしょう。

インフルエンサーマーケティング会社の選び方

インフルエンサーマーケティング会社 選び方

インフルエンサーマーケティング会社を選ぶ際、以下の4つのポイントを意識して選定しましょう。

  1. 自社と相性の良いインフルエンサーとマッチングできるか
  2. 定期的な効果測定から改善ができるか
  3. サービス内容とそれに伴う費用は明確か
  4. 強みにしているSNSは何か

それぞれ解説していきます。

1.自社と相性の良いインフルエンサーとマッチングできるか

インフルエンサーマーケティング会社には、複数のインフルエンサーが所属しています。

自社サービスとの相性が良いインフルエンサーがマッチングすることで、見込み顧客へのアプローチに繋がり、効果の最大化が可能です。

ただ、インフルエンサーマーケティング会社の中には、少数精鋭で案件を受けている企業もあります。

そのため、一つの会社に必ずマッチング度合いが高いインフルエンサーがいるとは限りません。

企業を選定する際は、複数のマーケティング会社を候補に検討しましょう。

2.定期的な効果測定から改善ができるか

インフルエンサーマーケティング会社の業務は、インフルエンサーのキャスティングや企画だけではありません。

マーケティング施策を実行した後の効果測定や、改善からの施策の立案も期待されます。

ただ、サービス内容にレポーティングや効果測定が含まれていない企業もあります。

しかし、インフルエンサーマーケティングを成功に導くためには、施策の改善点を洗い出し、次の打ち手に繋げる改善が重要です。

サービス内容をチェックし、自社が期待する業務があるかしっかり確認しましょう。

3.サービス内容とそれに伴う費用は明確か

提供されるサービス内容の確認はもちろん、それに伴う費用もチェックしましょう。

もし実施してくれるサービス内容に対して金額が高かった場合、費用の内訳が明確でないと依頼料金の妥当性が確認できません。

中には、少し上積みして見積もりを出している企業がいる可能性もあります。

お互い信頼してインフルエンサーマーケティングをおこなうために、不明点は契約前に解消しておきましょう。

4.強みにしているSNSは何か

インフルエンサーマーケティング会社は、InstagramやTikTok、YouTubeなど企業によって得意にしている媒体が異なります。

自社で運用を強化していきたいSNSがあれば、それを専門にマーケティング事業を展開している企業へ依頼するのが良いでしょう。

まだインフルエンサーマーケティングの進め方などを決めかねている企業は、各SNSを網羅的に利用している企業に依頼するのをおすすめします。

おすすめインフルエンサーマーケティング会社20選

インフルエンサーマーケティング会社 オススメ

これからインフルエンサーマーケティングを実施していきたい企業におすすめのマーケティング会社を20社紹介します。

  1. winsta
  2. Find Model
  3. MINUTES
  4. UUUM
  5. LIDDELL INFLUENCER WORKSPACE
  6. CLOUD CASTING
  7. expaus
  8. dary
  9. Gantale
  10. GROVE
  11. INFLUENCER CLOUD
  12. Lollypop
  13. SWIM
  14. タグピク・インフルエンサーネットワーク
  15. Winsta
  16. TWIN PLANET
  17. indaHash
  18. iCON Suite
  19. SPIRIT
  20. SPRAY

それぞれの特徴を踏まえて紹介していきます。

winsta

winsta

出典:https://www.cross-ring.com/

winstaは、株式会社クロスリングが提供するインフルエンサーとのマッチングサービスです。

15年間で15,000件以上のインフルエンサーのキャスティング実績があり、多くのグローバル企業のマーケティング支援を行っています。

厳しい審査に合格した優秀なインフルエンサーはが揃っており、主に美容系に精通しているインフルエンサーを起用できます。

女性インフルエンサーを活用したPRをおこないたい企業におすすめです。

Find Model

 Find Model

出典:https://find-model.jp/influencer/

Find Modelは、6,000人以上のインフルエンサーから自社と相性の良い人材とマッチングできるInstagramに特化したマーケティング会社です。

インフルエンサーの総フォロワー数は1億8,000万人を超え、テレビに出演している芸能人から、コアファンの多いインフルエンサーまで、多様な人材候補から選定できます。

ローソンやリクルートなど、有名企業のインフルエンサーマーケティングを担っており、実績は10,000件を超えます。

Instagramを活用したインフルエンサーマーケティングを実施したい企業におすすめです。

3MINUTE

 3MINUTES

出典:https://snsmarketing.3minute-inc.com/

3MINUTEは、戦略立案やコンテンツ企画、インフルエンサーキャスティングまで一気通貫で支援するマーケティング会社です。

実績豊富な動画クリエイターやアートディレクターが所属しており、高品質なクリエイティブで成果に貢献します。

花王やコーエンなど350社以上と取引実績があり、成功事例を参考にしながら独自の勝ち筋を見つけた戦略を実施してくれます。

20代から30代の女性へ訴求したい企業におすすめです。

UUUM

 UUUM

出典:https://www.uuum.co.jp/

UUUMは、YouTubeに特化したプラットフォームを提供する企業です。

ヒカキンやはじめしゃちょーなど、メディア出演多数のユーチューバーを筆頭に、数万人のファン数を抱える多彩な人材が所属しています。

YouTubeを使用したPRで圧倒的な認知拡大やコンバージョンに繋げられます。

YouTubeを通して自社をアピールしていきたい企業におすすめです。

LIDDELL INFLUENCER WORKSPACE

LIDDELL INFLUENCER WORKSPACE

出典:https://service.liddell.tokyo/

LIDDELL INFLUENCER WORKSPACEは、認知獲得から購入、ファン化まで誰でも簡単にインフルエンサーマーケティングを一元管理できるプラットフォームです。

インフルエンサーの選定から管理が大変な効果測定まで、まるっと一任できます。

また、企業が抱える課題や達成したい目標に応じてプラットフォームの機能を組み合わせた料金プランも特徴です。

低コストでインフルエンサーマーケティングを実施したい企業におすすめです。

CLOUD CASTING

CLOUD CASTING

出典:https://cloudcasting.jp/

CLOUD CASTINGとは、インフルエンサーへの仕事依頼・出演依頼ができる最大級のプラットフォームです。

インフルエンサーマーケティングの初心者でも、さまざまな分野の才能を持つキャストと簡単にマッチングができます。

誰もが知る有名企業との取引実績が豊富で、10,000以上の企業が利用しています。

有名インフルエンサーや芸能人に自社サービスのPRをコストパフォーマンスよくお願いしたい企業におすすめです。

expaus

expaus

出典:https://expaus.jp/

expausは、月額制でインフルエンサーのキャスティングができるインフルエンサーマーケティングサービスです。

月額制で費用を抑えつつインフルエンサーを一括で募集できます。

公募の条件を自由に設定できるため、意欲のあるインフルエンサーだけを集められます。

低コストで自社と相性の良いインフルエンサーとマッチングしたい企業におすすめです。

dary

dary

出典:https://www.i-dary.com/

daryは、参加意欲の高いインフルエンサーと自社サービスをマッチングできる公募型のプラットフォームです。

消費者により近いマイクロインフルエンサーに商品・サービスを紹介してもらうことで、コアなターゲットに向けたプロモーションができます。

PRしたい内容を管理画面から作成するだけで、簡単に発注作業が完了します。

できるだけ手間なく効率的にインフルエンサーとマッチングしたい企業におすすめです。

Gantale

Gantale

出典:https://gantale.com/

Gantaleは、海外を拠点に活動するインフルエンサーとマッチングできるプラットフォームです。

YouTubeを中心に、新商品・サービスの認知拡大と企業ブランディングの効果を引き出せます。

インフルエンサーとのタイアップ動画の作成も担っており、海外インフルエンサーを活用した海外へ向けたプロモーションも可能です。

グローバルに企業活動を展開していきたい企業におすすめです。

GROVE 

GROVE

出典:https://grove.tokyo/

GROVEは、TikTokを中心としたインフルエンサーのキャスティングからレポーティングまで一括で担ってくれるマーケティング企業です。

単純なインフルエンサーのキャスティングや投稿だけでなく、定量的な分析で企業のブランディングに合わせた適切なキャスティングやプランニングをおこないます。

また、若年層のファンを多く抱えているインフルエンサーが多数所属しています。

10代から20代の顧客層に向けてアピールしたい企業におすすめです。

INFLUENCER CLOUD

INFLUENCER CLOUD

出典:https://emolva.tokyo/influencer/

INFLUENCER CLOUDは、合計1,000万人以上のフォロワーを持つ女性インフルエンサーとマッチングできるサービスです。

読書モデルや学生インフルエンサーなど、多様なインフルエンサーとマッチングできます。

依頼費用は相場よりも低く抑えられており、フォロワーあたり1.5円から依頼が可能です。

業界最安値クラスでインフルエンサーに依頼したい企業におすすめです。

Lollypop

Lollypop

出典:https://lolly-pop.jp/

Lollypopは、女性のインスタグラマーに特化したインフルエンサーマーケティングサービスです。

ファッション、ビューティ、ライフスタイルなどのカテゴリーで影響力のある女性インスタグラマーとマッチング可能です。

インフルエンサーのキャスティングはもちろん、人気メディアとのタイアップ企画や商品プロデュースも担っています。

20代の女性に向けてマーケティングを強化していきたい企業におすすめです。

SWIM

SWIM出典:https://somewrite.com/business/earned/swim/

SWIMは、インフルエンサーのキャスティングからクリエイティブ作成、拡散まで一貫しておこなうサービスです。

Instagram、TikTokkなどインフルエンサーマーケティングを展開する媒体の特性を踏まえたうえで最適なコンテンツを企画・制作します。

費用プランはエンゲージメント課金を採用しており、成果に応じて費用が発生します。

費用対効果の高いインフルエンサーマーケティングを実施したい企業におすすめです。

タグピク・インフルエンサーネットワーク

タグピク・インフルエンサーネットワーク

出典:https://tagpic.jp/

タグピク・インフルエンサーネットワークは、4,500名以上のインフルエンサーを活用したマーケティングを提供する企業です。

約8.4億フォロワーへのリーチが可能で、美容やファッション、ライフスタイルなどさまざまなカテゴリーのニーズに対応できます。

国内のみならず、海外へのリーチも検討している企業におすすめです。

Winsta 

Winsta 

出典:http://winsta.jp/

Winstaは、日本だけでなくアジア圏のインフルエンサーとのマッチングが可能なプラットフォームです。

ファッションやライフスタイルなどのカテゴリーで影響力のあるインフルエンサーとマッチングができます。

サービス内容は、インフルエンサーと人気メディアとのタイアップキャンペーンや、インフルエンサーとの商品開発など多岐にわたります。

インフルエンサーを活用した商品企画にも繋げていきたい企業におすすめです。

TWIN PLANET

TWIN PLANET

出典:https://twinplanet.co.jp/

TWIN PLANETは、タレントやモデルをキャスティングしたクロスメディアプロモーションが得意な企業です。

市場調査から商品開発まで網羅的なマーケティング支援を提供しています。

鈴木奈々などの芸能人やタレントが所属していることでも有名です。

有名インフルエンサーを活用したマーケティングを実施したい企業はおすすめです。

indaHash

indaHash

出典:https://indahash.com/

indaHashは、世界80カ国以上のインフルエンサーと繋がれるプラットフォームです。

IKEAやマクドナルドなど、グローバルに店舗を展開している有名企業の実績も豊富にあります。

世界を横断したグローバルな事業展開を進めていきたい企業におすすめです。

iCON Suite

iCON Suite

出典:https://icon-suite.com/

iCON Suiteは、企業のマーケティング担当者向けのインフルエンサープランニングツールです。

SNSで影響力を持つインフルエンサーとフォロワーのデータを見える化し、ターゲットに効果的なマーケティング施策の検討に役立ちます。

そのため、自社のターゲットと相性の良いインフルエンサーの選定が可能です。

親和性の高いインフルエンサーとマッチングしたい企業におすすめです。

SPIRIT

SPIRIT

出典:https://service.liddell.tokyo/function/spirit/

SPIRITは、公募形式のキャスティングが可能なサービスです。

インフルエンサーが自主的に応募を行う公募形式のため、低コストでインフルエンサーを採用できます。

また、企業の商品を応援したいインフルエンサーによる情報発信がおこなわれるため、フォロワーにとって信頼度の高い情報を届けられます。

精度の高いインフルエンサーとマッチングしたい企業におすすめです。

SPRAY 

SPRAY 

出典:https://sp-ray.com/

SPRAYは、業界歴No.1のクロスリング社が開発した、インフルエンサーマーケティングを最適化するツールです。

機械学習によって導いたインフルエンサーとファンの興味関心データの活用により、中長期的にインフルエンサーマーケティングを支援します。

データ活用による精度の高いマーケティング施策を実施したい企業におすすめです。

インフルエンサーマーケティングの成功事例

インフルエンサーマーケティング 成功事例

インフルエンサーマーケティングで成功した企業の事例を紹介します。

株式会社エテュセのブランド「ettusais」では、スキンケアやポイントメイク商品を発売しています。

インフルエンサーとして起用したのが、コスメに精通しており、Instagramで3.7万人のフォロワーを抱える人気インスタグラマーの赤埴奈津子さんです。

ettusaisの依頼を受けた当初はInstagramでコスメ紹介などの投稿をされており、ettusaisとの相性が良いインフルエンサーとして起用されました。

結果、赤埴さんのインスタグラムでのPRにより、認知やファンの獲得に繋がりました。

まとめ:自社サービスとの相性を吟味し、インフルエンサーマーケティングを実施する

インフルエンサーマーケティング会社

今回は、おすすめのインフルエンサーマーケティング会社や選び方、料金相場などについて紹介しました。

インフルエンサーの起用により、自社サービスのファンの獲得や成長が期待できます。

ただ、相性の良いインフルエンサーとマッチングしないと、望んでいた効果は見込めないでしょう。

複数のインフルエンサーマーケティング会社をチェックし、自社に最適なサービスやインフルエンサーを提供してくれる企業はどこか検討してみてください。